ログイン | 新規登録
メインメニュー
最近の活動ブログ
活動ブログ最近のコメント
記事検索
カテゴリ一覧
月別過去ログ
活動ブログ投稿者
関連リンク
バナー
このサイトへのリンクはフリーです。その際には是非下のバナーをお使いください。
アクセスカウンタ
今日 : 821821821
昨日 : 1954319543195431954319543
今月 : 5770057700577005770057700
総計 : 1511922151192215119221511922151192215119221511922
LogCounterX by taquino
更新処理

2010年6月30日(水曜日)

シンポジウム「健康を支える食と農」

カテゴリー: - kasumigaura @ 00時55分18秒

シンポジウムのご案内です。
星野仁彦&境野米子講演会&パネルディスカッション
−星野式ゲルソン療法&甲田療法からがん克服の食生活を学ぶ−
 
今や日本人2人に1人ががんになり、3人に1人がんで死亡する時代です。20年
前に大腸がんが肝臓転移し、5年生存率0%と診断された星野仁彦医師は、「ゲ
ルソン療法」に取り組み、がんを克服しました。一方、境野米子氏は膠原病を甲
田療法で克服し、肝臓がん末期の父親をゲルソン療法で克服しています。両氏の
体験を踏まえ、食生活の大切さやより実践的な食事についてお話しを伺い、がん
の克服や予防,健康維持のために日常の生活の中でどのように取り組んでいけば
よいのかを考えます。

□ 日時:2010年8月1日(日)開場12:30、開演13:00〜17:
00
□ 会場:筑波大学 大学会館講堂
□ 定員:500名(申し込み不要)
□ 参加費:2,000円(大学関係者1,000円 資料代含む)
□ シンポジウム(講演&パネルディスカッション)
13:00〜13:10 開会のあいさつ(筑波大学食と農と健康を考える会代表)
13:10〜13:55 境野米子氏講演(生活評論家、福島県教育委員長)
13:55〜15:25 星野仁彦氏講演(福島学院大学福祉心理学部教授)
15:25〜15:40 休憩
15:40〜16:55 パネルディスカッション
 コーディネーター:矢澤真人(筑波大学人文社会科学研究科教授)
パネラー:
    星野仁彦氏(福島学院大学福祉心理学部教授)
    境野米子氏(生活評論家、福島県教育委員長)
    橘 泰憲氏(元筑波大学生命環境科学研究科准教授、青年哲学塾主宰)
16:55〜17:00 閉会のあいさつ
□ 各団体の活動紹介・展示:12:30〜17:30

□ 星野 仁彦(ほしの よしひこ)氏プロフィール
 1947年福島県会津若松市生まれ。福島県立医科大学卒業。米国エール大学児童
精神科留学。福島県立医科大学神経精神科、福島学院短期大学を経て、現在福島
学院大学福祉心理学部教授。1990年に大腸がんが肝臓転移し、精神科医がうつ病
となる。偶然書店でマックス・ゲルソン医師が提唱する食事療法に出会い、日本
人にあったゲルソン療法に取り組み、がんを克服する。以来、星野式ゲルソン療
法として指導、講演活動等を精力的に展開している。著書に「ガンと闘う医師の
ゲルソン療法」、「末期がんを克服した医師の抗がん剤拒否のススメ」「がんの
芽をつむにんじんジュ−ス健康法」他。
□ 境野 米子(さかいの こめこ)氏プロフィール
1948年群馬県前橋市生まれ。千葉大学薬学部卒業。東京都立衛生研究所で食品添
加物、残留農薬、魚介類の重金属汚染、これらによる体への影響について研究。
福島県に移住し消費者運動、有機農業運動に携わり、食の安全及び食文化につい
て研究。築150年の茅葺き古民家を修復し、湧水と囲炉裏のある四季折々の恵み
あふれる暮らしを楽しむ。生活評論家、薬剤師。福島県教育委員長。著書に「米
子の畑を食べる」、「よく効く野草茶ハーブ茶」「気楽に自然食レシピ」「おか
ゆ一杯の底力」「一汁二菜」「玄米食完全マニュアル」「自然暮らしの知恵袋」
「素肌にやさしい手づくり化粧品」「アトピーっ子の満足レシピ」「安心できる
化粧品選び」「病と闘う食事」他。

□ 橘 泰憲(たちばな やすのり)氏プロフィール
1947年岩手県生まれ。山形大学農学部卒業。青年哲学塾主宰、元筑波大学生命環
境科学研究科准教授。植物栄養学、土壌学を起点に宮澤賢治や宮崎駿を題材に取
り入れた問答式のユニークな有機農業論を展開。近代的思考をパラダイムシフト
することが真の問題解決が持論。薫陶を受けた若者が全国で多数有機農業に取り
組んでいる。著書に「炭埋による地中電位の制御」「生物・環境産業のための非
熱プロセス事典」「有機農業の世界」他。
□ 交通:バス;つくば駅から筑波大学行き、大学会館下車約10分。10分おき。
     車;駐車場あり
□ 問合せ先:
    /Fax 029-853-4125、E-mail:myazawa@lingua.tsukuba.ac.jp
                 (筑波大学人文社会科学研究科 矢澤)
/Fax 029-867-0600、090-8560-6392 E-mail:yyazawa@ce.mbn.or.jp
(星野式ゲルソン療法を実践するランチの会 矢澤)
    /Fax 029-851-9957、E-mail:oryza@mail1.accsnet.ne.jp(オリザ
舎 加藤)
□ 主催:筑波大学食と農と健康を考える会
□ 共催:アトリエ・キューブ&花小路、石田農園、嵐の湯つくば店、オーガニ
ックフォームつくばの風、オリザ舎(自然食&ゲルソンレストラン)、(株)梶井
建設産業&還元陶板浴虎杖伝説の里清瀧、環境と健康リサーチ、暮しの企画舎、
こだわり野菜風の村、ごんべえ農園、時空遊園(建築設計)、自然生クラブ(農
園&カフェ)、新生会(がん患者の会)、鈴木農園、青年哲学塾、大成不動産
(株)・大成造園土木(株)、竹屋陶板浴、田宮農園、たんぽぽ会(土浦協同病院乳
がん患者の会)、つくばCASA、つくば健康友の会、筑波農場、筑楽坊主、東
洋医療センター、(有)日本の稲作を守る会・飯塚農園、農業生産法人ユニオンフ
ァーム、萩原ファーム、ふたば自給農園、フランドル(ゲルソンパンの店)、ベ
ルファーム(青汁&ニンジンジュース)、星野式ゲルソン療法を実践するランチの
会、みたらい農園、NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン、moto’s ki
tchen、有機農園モアーク、ラズベリーハウス、ラポールの会(がん患者の
会)、雑木林で遊ぶ会

□ 後援:つくば市、土浦市、つくば市社会福祉協議会、NPOがんコントロー
ル協会(アメリカ癌コントロール協会日本支部)、茨城県有機農業推進フォーラ
ム、つくば市有機農業推進フォーラム、つくばコミュニティ放送株式会社(ラヂ
オつくば)、(財)研究学園都市コミュニティケーブルサービス(ACCS)、土
浦ケーブルテレビ株式会社、常総生協、アール医療福祉専門学校
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雑木林で遊ぶ会&
星野式ゲルソン療法を実践するランチの会
〒300-4223
茨城県つくば市小田3246-3
矢澤容子
&FAX 029-867-0600
携帯 090-8560-6392


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


63 queries. 0.015 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress