ログイン | 新規登録
メインメニュー
最近の活動ブログ
活動ブログ最近のコメント
記事検索
カテゴリ一覧
月別過去ログ
活動ブログ投稿者
関連リンク
バナー
このサイトへのリンクはフリーです。その際には是非下のバナーをお使いください。
アクセスカウンタ
今日 : 798798798
昨日 : 1954319543195431954319543
今月 : 5767757677576775767757677
総計 : 1511899151189915118991511899151189915118991511899
LogCounterX by taquino
更新処理

2011年2月28日(月曜日)

百姓の道

カテゴリー: - kasumigaura @ 14時36分34秒

今年の3月末で会社を早期退職し百姓の道を歩むことを決めました。:-D

今までサラリーマンとボランティアの2足のワラジを履いていましたが、ここらで区切りをつけて本格的に農のある生活に入ろうと思います。

先日もP社の担当者から「農業」をしたいのか「農的暮らし」をしたいのかと聞かれました。

農業とは、農作業で得た作物を販売して利益を出す生業に対し、農的暮らしは自然や作物と対話をしながら自給的な暮らし方。目指すのは後者の「農的暮らし」です。

当初はどこかの農園に研修生として入れてもらい技術を学びながら独立を目指すことも考えましたが、先日訪問した農園の方から「あなたの年齢で研修生をしている余裕はない。今すぐにでも物件(畑・家)を探して、始めなさい。技術なんてものはやっている内に身につくものです。」と諭されました。

また「様々な農園を見て、自分はどんな農園にしたいのかイメージを膨らませることが重要です。」ともアドバイスされました。

今まで続けているボランティア活動の中で雑木林と畑を借りている地主さんに相談し物件を探し、様々な農園に援農に行き、農家とのネットワークを広めていくつもりです。

先日伺った農園でも「1町歩ほどの畑と栗林を管理してくれる人を探している。」という情報が入り、一度尋ねてみようと思います。

微力ながら農的暮らしを通して里山の荒廃に歯止めをかけれればと願っています。

 


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


63 queries. 0.018 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress