ログイン | 新規登録
メインメニュー
最近の活動ブログ
活動ブログ最近のコメント
記事検索
カテゴリ一覧
月別過去ログ
活動ブログ投稿者
関連リンク
バナー
このサイトへのリンクはフリーです。その際には是非下のバナーをお使いください。
アクセスカウンタ
今日 : 799799799
昨日 : 1954319543195431954319543
今月 : 5767857678576785767857678
総計 : 1511900151190015119001511900151190015119001511900
LogCounterX by taquino
更新処理

2011年3月4日(金曜日)

たまゆら草苑訪問

カテゴリー: - kasumigaura @ 15時05分23秒

栃木県芳賀郡茂木町鮎田にある「たまゆら草苑」に行ってきました。:-D

たまゆら(玉響)とは「ほんのしばらくの間」「一瞬」あるいは「かすか」を意味する古語。

主の豊口さん曰く「たまゆらという言葉が舞い降りてきました。」

http://servelle.net/murazukuri/01/post_20.html

築120年の古民家に住み、夏は蚊帳、冬は薪ストーブの自然に寄り添った暮らしをしています。畑にはお邪魔できなかったのですが、ウーフで同伴者の老平さんは「初めて畑を見たとき涙が止まらなかった。」と言ってそのまま「ここに居させて下さい。」と住み込んでいるそうです。

川口由一さんの「草や虫を敵にしない」自然農の畑なのか、一度花の咲く頃に尋ねてみたいと思いました。

生計はどうやって立てているのか?なんてヤボな質問をするのが恥ずかしくなる位、豊口ワールドの魅力に惹きこまれていきます。

無農薬・無化学肥料で作った米や雑穀を、おせんべいやパンにし手書きのお品書きも添えて道の駅や直売所で販売しているようです。

農作業の間におせんべいを焼いたり、手書きのメモを張ったり、どこからそのパワーがでてくるのか?不思議でした。

整体や気功にも通じていて、一緒に参加した者の骨盤のゆがみを診てくれました。

「人によって状況は異なるので、これが全てというのはないんです。」と穏やかな語り口の中にゆるぎない信念を感じました。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


63 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress