ログイン | 新規登録
メインメニュー
最近の活動ブログ
活動ブログ最近のコメント
記事検索
カテゴリ一覧
月別過去ログ
活動ブログ投稿者
関連リンク
バナー
このサイトへのリンクはフリーです。その際には是非下のバナーをお使いください。
アクセスカウンタ
今日 : 6969
昨日 : 171171171
今月 : 4010401040104010
総計 : 631142631142631142631142631142631142
LogCounterX by taquino
更新処理

2012年5月25日(金曜日)

霞ヶ浦の水運史・講演会

カテゴリー: - kasumigaura @ 07時33分33秒

土浦は霞ヶ浦と利根川、江戸川の水を通じて江戸と繋がっていました。

前回の木塚久仁子先生の講演により高瀬舟が江戸と土浦を往復していたことを詳しく解説してくれました。

今回は特に明治以降の土浦の物流を背負っていました水郷汽船の繁栄と衰亡の歴史を幼少の頃より見つめてきて多くの資料を収集している大久保船長に詳しく講演してもらおうと思っています。

動力汽船の導入により霞ヶ浦水運はどのように変化してきたか。

土浦市の商業地が産業の変化によってどのように展開したか。

土浦と東京との交流などを水郷汽船の歴史に詳しい専門家から汽船の霞ヶ浦運航と土浦の文化と水運を語ってもらおうと思っています。

日時:平成24年5月27日(日)午前10時〜12時

場所:土浦市生涯学習館 4号室

講演内容:「水郷汽船と霞ヶ浦」

講師:大久保 祐司 霞ヶ浦水運史研究家

定員:30名(一般参加歓迎)

会費:無料

主催:霞ヶ浦水質調査研究会 共催:古建築研究会

お問い合わせ:霞ヶ浦水質調査研究会事務局 沼澤 篤

         電話:090-6154-0137(午前10時〜16時)

         古建築研究会事務局 松浦 正夫

         電話:029-824-5059(午後7時〜11時)


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


63 queries. 0.022 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress