ログイン | 新規登録
メインメニュー
最近の活動ブログ
活動ブログ最近のコメント
記事検索
カテゴリ一覧
月別過去ログ
活動ブログ投稿者
関連リンク
バナー
このサイトへのリンクはフリーです。その際には是非下のバナーをお使いください。
アクセスカウンタ
今日 : 3030
昨日 : 6868
今月 : 1240124012401240
総計 : 637601637601637601637601637601637601
LogCounterX by taquino
更新処理

2007年10月13日(土曜日)

新エネルギーのまち

カテゴリー: - kasumigaura @ 18時02分15秒

雑木林で遊ぶ会のメンバーと岩手県葛巻町とバッタリー村に行ってきました。:-D

葛巻町は酪農とワインと新エネルギーのまち。人の数(8000名)より牛の数の方が多い。最近は新エネルギー(風力発電、バイオマスエネルギー)のまちとして視察の人が増えている。

雑木林で遊ぶ会では、つくばスタイル助成金事業の「市民の森づくり先進地域研修会」として葛巻町とバッタリー村を候補地に挙げました。

まずは「こいわの森」で間伐体験。ミズナラを2〜3本切りました。森林組合の方からプロの道具を教わり、話が弾みました。:hammer:

森の恵みフェスタの会場へ移動。炭焼きバーベキューを堪能しました。:pint:

木質バイオマス、バイオガスプラントを見学。新エネルギーのきざしを感じました。

食材を道の駅で調達しながらバッタリー村へ移動。(ソバに山菜、魚まで調達できました)

途中暗くなって道に迷い:cry:、やっとの思いでバッタリー村に到着。村長さんと奥さん、大学を中退して住み着いているK君が出迎えてくれました。:-D

宿泊した茅葺屋根の民家は今の村長のお父さんが廃屋になった家を建て直したもの。「創作館」と書かれていて囲炉裏と薪の風呂がありました。:-o

村は全員で12名。この夏も首都圏の大学生が泊まりにきて交流が続いている。バッタリーの名前の由来は沢水を落として、米やソバを挽く道具のこと。現在も現役で働いている。

周りの森で取れた枝や木の皮を使った花器や篭が、そこそこに展示されている。森の芸術館といった趣。昔の民具(わらじ、蓑、むしろ)も展示され村では一人一芸を目指している。

K君もここで炭焼きや畑仕事を身につけて村の暮らしを楽しんでいる。

葛巻町の新エネルギーもバッタリー村の暮らしも環境に負荷を与えない「スローな生活」に思えた。便利な都市生活に慣れた人間が、こうした生活に耐えられるかは別としても今の暮らしを見つめ直す機会にはなった。

こちらもどうぞ↓

http://www.kasumigaura.net/usr/kikuchi/oyogerukasumigaura/page/A0229.html

 

 


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


63 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress