ログイン | 新規登録
市民レポーターメニュー
最近の市民レポート
市民レポート最近のコメント
レポート検索
カテゴリ一覧
市民レポート投稿者
関連リンク
バナー
このサイトへのリンクはフリーです。その際には是非下のバナーをお使いください。
アクセスカウンタ
今日 : 4646
昨日 : 249249249
今月 : 5277527752775277
総計 : 448489448489448489448489448489448489
LogCounterX by taquino
更新処理
市民レポーター

市民レポーターの目で霞ヶ浦のすてきな情報をご紹介します。

かすみがうら*ネットでは、霞ヶ浦周辺地域のイベントや景色、そしてちょっとした話題や気づいた点などを画像や文書にして報告する「市民レポーター」を募集しています。

市民レポーター登録をいただいた方には、ホームページの投稿IDを交付します。
また、市民レポート技能向上研修や、イベント企画も行っています。

携帯電話からでも簡単に情報の登録が行えます。
詳細は事務局までお問い合わせください。

なお、かすみがうら*ネットでは、入会金や年会費はいただいておりません。

2013年3月11日(月曜日)

桜川ドラゴンボートでお花見

カテゴリー: - kasumigaura @ 08時13分59秒

桜の開花が待ち遠しい時節になりました。

お花見を船の上から楽しみませんか?

1、桜川でドラゴンボートからのお花見8-)

日時:4月6日(土)予備日翌日4月7日(日)

時間:10:00〜10:30、11:00〜11:30

費用:大人 1000円  子ども 500円

出廷場所:桜川 銭亀橋下特設桟橋

連絡先 茨城県土浦市川口2−13−6

     tel 029−822−2437 fax 029−826−2839

2、ボートからのお花見。8-)

さくら祭りの期間中(3月23日〜4月14日)、毎日運航

乗船場所(株)ラクスマリーナ ヨットハーバー内

乗船時間 1時間 事前予約制 お花見弁当(1500円 2000円 2500円)

乗船料金 大人 1980円  子ども 950円

3、和船からのお花見8-)

さくら祭り期間の毎週(土日)限定運航

乗船場所 銭亀橋下特設桟橋 乗り場まではキララちゃんバスが便利

乗船料金 大人 1000円 子ども500円

乗船時間 20分

連絡先(株)ラクスマリーナ 茨城県土浦市川口2−13−6

       tel 029−822−2437 fax 029−826−2839

 

 

 

 


2012年12月17日(月曜日)

霞ヶ浦の水運史・講演会

カテゴリー: - kasumigaura @ 20時44分38秒

霞ヶ浦の水運史・講演会

中世・近世の霞ヶ浦水運

稲敷市は霞ヶ浦に接する地域も多く、江戸崎、古渡、浮島、結佐など沿岸流域の集落は水運で繁栄していました。:-o

河岸には水運の船が着岸し積荷の荷下ろしをしていました。そこで改めて、霞ヶ浦水運はどのように発達してきたか、中世まで遡り歴史の専門家から見た稲敷市の文化と霞ヶ浦の水運を語ってもらおうと思います。

日時 平成25年1月24日(木)午前10時〜12時

場所 土浦市生涯学習館 2階3号室

講演内容 「中世・近世の霞ヶ浦水運」

講師 平田 満男氏 前稲敷市歴史民俗資料館 館長

定員 30名(一般参加歓迎)

会費 無料

申込締切 1月20日

主催 霞ヶ浦水運史研究会

共催 霞ヶ浦水質調査研究会

    古建築研究会

お問い合わせ 霞ヶ浦水運史研究会 松浦正夫

事務局 電話 029−824−5059(午後7時〜11時)

         霞ヶ浦水質調査研究会 沼澤 篤

事務局 電話 090−6154−0137(午前10時〜16時)

 


2012年10月18日(木曜日)

ホットスパ情報

カテゴリー: - kasumigaura @ 18時32分54秒

温泉が恋しい季節になりました。夏の疲れを温泉でほぐしましょう。:-D

10時出港、ノンビーリ温泉に浸かる。ガソリンの心配がいらない’エコな船旅’で天然温泉白帆の湯をお楽しみ下さい。船内飲食持込自由です。

泉質:メタケイ酸含有定泉 

効能:疲労回復、筋肉痛、冷え性、健康増進

運航日:3日間限定 11月17日(土)〜19日(月)

             12月1日(土)〜3日(月)

定員:40名(全席指定)

*最小催行人員 20名 65歳以上・15名様以上団体割引10%

料金 大人 3,800円  子ども 1,800円

    入浴料・貸しタオル・昼食・往復船賃含む(マリーナ駐車場無料)

スケジュール

       10:00 土浦出港  カモメと遊び水平線に向かって

       11:00 麻生漁港着 徒歩10分で温泉へ

                     麻生公園まで徒歩5分

                     佃煮屋さん工場見学

            「白帆の湯」  滞在3時間(食事・タオルつき)

                     霞ヶ浦一望 露天風呂あり

      14:00 出港       広い霞ヶ浦、筑波山に向かって

      15:00 土浦着      のっぽタワーがランドマーク

お申込先  〒300-0033  土浦市川口2−13−6

        螢薀スマリーナ  営業部 加固、坪田

        TEL 029-822-2437  FAX 029-826-2839

 


2012年5月25日(金曜日)

湖上体験スクール

カテゴリー: - kasumigaura @ 07時19分40秒

霞ヶ浦を船に乗って体験する「湖上体験スクール」に参加しました。

この事業は茨城県の森林湖沼環境税によって運営されています。

今回は、延方小4年生(潮来市)が2組に分かれ乗船。

パネルで霞ヶ浦が泳げた頃の写真や生活排水で霞ヶ浦が汚れてアオコが発生した写真を見て、霞ヶ浦をきれいにするには、皆の日々の心がけが大事ということの説明を受けました。

その後、船の上から透明度板を沈めて、どこまで見れるかといった透明度測定(70cmでした)やプランクトンネットでプランクトンを採取して顕微鏡で見る実験。CODを測定するパックテスト(霞ヶ浦は8、水道水は0)、霞ヶ浦と水道水の臭い比べを行ないました。

最後は、自由時間で船の中を探検。高速で走る船の航跡を眺めたり、船長室を覗いたり、飛び跳ねる魚を見つけたりと楽しそうでした。

子ども達にとって霞ヶ浦が汚れた湖という負のイメージではなく、魚がいたり船に乗って遊べたりする楽しいイメージが残ってくれたらと願っています。8-)

 


2012年4月23日(月曜日)

宍塚の田んぼで種まき

カテゴリー: - kasumigaura @ 09時05分17秒

先日(21日)、宍塚の田んぼ塾の苗代で種まきをしました。(品種:朝紫、トヨサト)

田んぼの中に苗代を作り、一マス(50x60cm)に等間隔に印を付けた丸に中に種を降ろしていきます。はみ出した種もみはピンセットで丸の位置に戻します。

こうすると種が重ならず、丈夫な苗に育つそうです。

種まき後は、軽く土を被せ手の平で抑えて鳥除けのネットを架けます。

苗が充分な長さ(30cm位)に育った6月末頃に、手で1本ずつ田植えを行ないます。

川口式の不耕起栽培で水は周囲の溝に溜めてあるだけです。水の中に入って田植えをするイメージではなく、畑で定植をする感覚です。

 

 


2012年3月20日(火曜日)

ラジオつくばで最終回収録

カテゴリー: - kasumigaura @ 07時44分52秒

先日、ラジオつくば(FM84.2MHz)でかすみがうら*ネット最終回の収録を済ませました。

毎週話す内容があるのか不安でしたがRICKさんとのやりとりが楽しく、あっという間の4年間でした。

この4年間は、私自身にとっても変化の多い年でした。サラリーマンとボランティアの2足の草鞋、新規就農者への転機、新しい生活の始まり。

サラリーマン時代のように何時に起きて、長時間通勤電車に揺られ、時間を拘束される生活から解放され、自然のリズムに合わせて生活できる喜びをかみしめ、土や野菜づくり、地元の人との交流が今の暮らしです。

こうゆう生活ができるのも家族の理解と協力があってのこと。どこの家庭も一緒だと思いますが、生活の糧を得るためになかなか決断できないという人が多いと思います。

3.11の東日本大震災以降、会社中心の生活から家族中心の生活へ変えていこうという方も増えているように思えます。将来のこと、家族でよく話し合って下さい。

一度きりの人生ですから悔いの無いように過ごしていきたいと思います。

 

 


2012年2月21日(火曜日)

土浦名店街

カテゴリー: - kasumigaura @ 20時55分51秒

かつては賑わっていた土浦名店街、今は空き店舗が多くシャッター通りになっています。

土浦雛まつりの期間、空き店舗を活用して賑わいを取り戻そうというプロジェクトが動き出しています。

土浦名物屋(レンコンスープやツェッペリンカレーなど)、お休み処、ミニ博物館、こども広場が出店しています。

先日、知人から出店をしてみないか?と依頼があり、2月25日と3月3日出店することにしました。お時間のある方、名店街を覗いてみてください。:pint:


2012年2月3日(金曜日)

竹細工で遊ぼう

カテゴリー: - kasumigaura @ 08時41分54秒

寒中お見舞い申し上げます。

農閑期のこの時期、竹を切って割いて削いで竹ヒゴを作り、生活に必要なカゴやザルを編むのが農家の営みだったそうです。子供たちは、竹トンボや杉玉鉄砲を作って遊びました。

竹林を間伐して、不要になった竹を再利用する試みとして、不器用ですが竹細工を始めました。ご興味のある方、ご来場下さい。

日時:2月19日(日)9:00〜12:00

場所:つくば市柴崎「花小路」駐車場

参加費:500円

内容:竹ヒゴを使って、カゴを編んだり、子供の遊具(杉玉鉄砲)を作ります。

問い合わせ・申込:080−5414−0769(つくばダッシュ村 菊地)

メール:yokappe_tuchuula@vmail.plala.or.jp

 


2012年1月7日(土曜日)

凧作り&凧揚げワークショップ

カテゴリー: - kasumigaura @ 12時00分11秒

和紙に自分で絵を描き、それを凧にして空に揚げます。

凧揚げを通して、風と会話を楽しみませんか?

1.日時:1月15日(日)10:00〜12:00

2.場所:つくば市柴崎「花小路」(焼きかりんとうのお店)駐車場

3.参加費:500円

4.内容:当日、さくら朝市小正月を開催中、成らせもち、小豆粥、甘酒もあります。

5.問い合わせ・申込(先着10名)

  080−5414−0769(つくばダッシュ村 菊地)

 


2011年12月29日(木曜日)

炭焼き&バーベキュー

カテゴリー: - kasumigaura @ 09時10分38秒

今年1年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

冬枯れの林で、炭焼き&バーベキューを行ないます。

間伐したクヌギ、竹を炭にして、その炭を使って畑や林で採れた野菜、キノコを食材にバーベキューをします。林と畑を利用する生活スタイルを実践します。

焚き火を囲みながら、ほっこりしませんか?

日時:1月14日(土)9:00〜15:00

場所:つくば市島「安の森」(土浦学園線、松代西ステーキあさくまの角を曲がりファミマを通り過ぎ、住宅の切れた右側の林)

参加費:500円

問い合わせ・申込:080−5414−0769(つくばダッシュ村 菊地)

メール:yokappe_tuchuula@vmail.plala.or.jp


2011年12月21日(水曜日)

クリスマスイブ炭焼き

カテゴリー: - kasumigaura @ 17時15分53秒

今年もあとわずか。クリスマスのイルミネーションが街を彩っています。

そんな中、炭焼きを行ないます。間伐した竹をそのまま穴に入れて伏せ焼きにします。

炭焼きを通して、雑木林の活用のあり方を一緒に考えてみませんか?:hammer:

日時:12月24日(土)9:00〜15:00

場所:つくば市島「安の森」

参加費:無料

持ち物:汚れてもいい服装、軍手、タオル

問い合わせ:080−5414−0769(雑木林で遊ぶ会 菊地)

 


2011年12月7日(水曜日)

炭焼き&バーベキュー

カテゴリー: - kasumigaura @ 08時16分17秒

つくば市島の「安の森」で間伐したクヌギを使って、炭を作ろうと思います。:hammer:

今回は、伏せ焼きです。穴を掘ってクヌギを並べ落ち葉を被せ、トタン板とダンボールを濡らしてフタをして土を被せます。手前に焚口を作り、奥に煙突を立てます。

12月10日の10時頃から始めてお昼ごろに自燃〜夕方に焚口を狭めて12月11日の朝に完全に閉じ、13日に釜を開ける予定です。

炭が焼けるまでは、焚き火の周りで昨年作った炭でバーベキューをします。食材は畑で採れた野菜や林で育てたキノコです。ケンチン汁も作る予定です。

ご興味のある方、下記にご連絡下さい。

e-mail:yokappe_tuchuula@vmail.plala.or.jp

携帯:080−5414−0769(つくばダッシュ村 菊地)

 

 

 

 


2011年11月2日(水曜日)

さくら朝市収穫祭

カテゴリー: - kasumigaura @ 20時53分00秒

小さな有機農家が集まって、無農薬・無化学肥料で育てた野菜や自給暮らしの生活スタイルを提案しています。

お時間の都合のつく方、ご参加下さい。

こんなときこそ大地に感謝!さくら朝市収穫祭

::::::::::::::::::::::::::::::::::

ところ:花小路(はなこみち)つくば市柴崎955−5 にて

とき:11月20日(日)10時から15時半

◆お店◆

ふくろうや(天然酵母パン)

カフェコモ(マフィン・ドリンクなど)

manosupun(野の葉茶・お菓子)

en(焼き菓子)

花小路(焼きかりんとう)

たかじー(草木染めふんどし)

有機無農薬野菜(八七技耕夢店・つくばダッシュ村・武藤農園(茂木)・ふたば自給農園・くらた農園)

手作り雑貨

◆今年の収穫お楽しみ◆

杵と臼でのもちつき(有機無農薬天日干し米)

けんちん汁

ベジカレー&チャイ

★誰でもアーテイストコーナー

でっかいまっ白い紙にあなたの心を自由に描いてみよう!

★エネルギー自給

一斗缶で炭焼き体験

★子供遊びコーナー

自然の素材で遊ぼう

絵本読み聞かせ(筑波大ストーリーテリング研究会)

他ステージでは

ポンせん実演

唄う有機農家 むーさんによる音楽と歌

たかじーのデジリドウ演奏

むー&ゆり&たかじーの歌

最後に和太鼓にノッてみんなで豊年踊り

これぞ収穫を祝い感謝する日本の踊りです!

とプログラム盛りだくさん!!

お楽しみに!

◆問い合わせ さとう 0299−42−3771(TEL/FAX

       email yurifutaba@y7.dion.ne.jp

                 きくち  080−5414−0769


2011年10月24日(月曜日)

オーガニックファーマーズヴィレッジ

カテゴリー: - kasumigaura @ 21時33分01秒

先日の日曜日(23日)、オーガニックファーマーズヴィレッジに出店しました。

今回の目玉は、有機野菜よりも広場ステージで行なわれた結婚式でした。

参列者は勿論、広場全体から祝福の拍手が若いカップルに注がれました。

やはり結婚式は、いいものですね。

オーガニックファーマーズヴィレッジも方向性が見えてきたように思います。

有機野菜を作る生産者とそれを料理する飲食店、さらに有機野菜を必要とする消費者とのコラボレーション。

今回は、ゲルソン食にこだわったパン、お好み焼き、ベジ・カレーとメニューが増えました。

またハロウィンをもじって、かぼちゃのパンプキンスープ、生産者の持ち寄り野菜のポトフと来場者に少しでも温まってもらいたいという意気込みが伝わってきました。

惜しむらくは天候が蒸し暑く、スープやポトフの季節ではなかったのが残念です。

次回は、11月27日どんなメニューが編み出されるか、楽しみです。

 

 


2011年9月27日(火曜日)

10月の畑スケジュール

カテゴリー: - kasumigaura @ 15時56分45秒

台風15号が去って、急に空気が涼しくなりました。

台風の影響はまだ続いていて、林の中の倒木の処理や落ちた枝を集めています。

10月は稲刈りの手伝い、夏野菜の後片付け、秋冬野菜の種まきや畑への定植を主に行ないます。畑に吹く風も心地よく、虫の音を聞きながら一緒に汗を流しませんか?:-D

10月1日〜小田・玉取(栗拾い、サツマイモ掘り)

10月2日〜桜朝市に出店

10月3日〜小田・玉取・上境で畑作業

10月4日〜ふたば自給農園で稲刈り

10月5日〜小田・玉取・上境で畑作業

10月6日〜島の畑で作業

10月7日〜安の森で作業

10月8日〜宍塚で稲刈り

10月9日〜クレオで開催のつくば森林クラブのブースで竹細工

10月10日〜玉取でサツマイモ掘り

10月12日〜小田・玉取・上境で畑作業

10月13日〜小田・玉取・上境で畑作業

10月14日〜島の畑で作業

10月15日〜安の森で作業、お十八夜のお月見(宍塚)

10月16日〜桜朝市に出店(焼き芋、餅つき、ぽんせん実演)

10月18日〜小田・玉取・上境で畑作業

10月19日〜小田・玉取・上境で畑作業

10月20日〜島の畑作業

10月21日〜安の森で作業

10月22日〜宍塚で脱穀

10月23日〜オーガニックファーマーズヴィレッジに出店

10月24日〜小田・玉取・上境の畑作業

10月25日〜小田・玉取・上境の畑作業

10月26日〜島の畑作業

10月27日〜島の畑作業

10月28日〜安の森で作業

10月29日〜大穂公民館で開催のイベントで竹細工

10月30日〜玉取でサツマイモ掘り

10月31日〜小田・玉取・上境で畑作業

持ち物:軍手、長靴、帽子、タオル、飲み物、お弁当、汚れてもいい服装

お問い合わせ:080−5414−0769(つくばダッシュ村 菊地)

e-mail:yokappe_tuchuula@vmail.plala.or.jp

 

 

 

 

 

 

 


2011年9月5日(月曜日)

9月の畑スケジュール

カテゴリー: - kasumigaura @ 16時07分24秒

9月に入って台風12号の影響から不安定な天候が続いています。急に風が強くなって、バケツをひっくり返したような雨になったり、あっという間に晴れ間になったり。

農作業は天候に左右されますので、早く安定した天気が続くことを願っています。

9月は季節の移ろいを感じながら、秋・冬野菜の準備、夏野菜の最後の収穫を行ないます。

9月のスケジュールをご案内します。

9月10日 玉取〜小田の畑作業

9月11日 玉取〜小田の畑作業

9月12日 島の畑作業

9月13日〜14日 上境の畑作業

9月15日〜16日 玉取〜小田の畑作業

9月19日 島の畑作業

9月20日 上境の畑作業

9月21日 玉取〜小田の畑作業

9月24日 オーガニックファーマーズヴィレッジ準備

9月25日 オーガニックファーマーズヴィレッジ

9月26日 玉取〜小田の畑作業

9月27日 ふたば自給農園で稲刈り

9月28日 島の畑作業

9月29日 上境の畑作業

9月30日 玉取〜小田の畑作業

作業内容:秋・冬野菜の畑準備、キャベツ・ブロッコリー・レタスの定植。ダイコン・タマネギの種まき。大豆の株間の除草。ナス・スイカ・カボチャ・枝豆・サツマイモの収穫。

服装:長袖、長ズボン、軍手、タオル、帽子

持ち物:飲み物、弁当

問い合わせ:080−5414−0769 つくばダッシュ村 菊地

e-mail:yokappe_tuchuula@vmail.plala.or.jp 


2011年8月15日(月曜日)

オーガニックファーマーズヴィレッジ

カテゴリー: - kasumigaura @ 14時49分27秒

オーガニックファーマーズヴィレッジとは、茨城にある本当の良いモノ・うまいモノ・楽しいモノが集結しみんなを元気にしていく「Future Village 」プロジェクトです。

無農薬・無化学肥料で野菜を生産している農家の方が会場でお客様にこだわりの野菜を販売します。またオーガニックの食材のみを使用している飲食店、手作りの工芸品を扱うお店も参加します。

会場を盛り上げるためダンスショーやヒーロー(イバライガー)によるショータイムもあります。茨城の元気をここから発信します。遊びに来てください。:pint:

日時:2011年8月21日(日)/9月25日(日) 10月以降毎月2回(第2・第4日曜日)

オープン時間:9;00〜18:00

開催場所:つくば市センター広場(つくば駅前)

参加団体:しばはら愛善農園、石田農園、森口農園、つくばダッシュ村、近江屋、田中啓之、八七技耕夢展、ブルーベリーピクニック、萩原ファーム、ごんべえ農園、浅野農園、(有)ハコブ、てらす屋、お好み焼き、ケパブ、ベーグルなど

 

 


2011年7月15日(金曜日)

草取り作業

カテゴリー: - kasumigaura @ 08時00分26秒

連日の猛暑の中、草取りが続いています。

「上農は草を見ずして草を取る。」と言われるようには到底及ばず、勢いよく育った雑草に野菜が埋もれています。

特に収穫の終わったソラマメやスナップエンドウ、ジャガイモの周辺の草が多いようです。

草は小さいうちに取り除くと楽で、大きく育って種を落とすと翌年も苦労すると言われました。先日も「田の草取り」にふたば自給農園さんに行った際、「去年は大きく育った後に草取りをしたので大変でした。今年はまだ小さいので楽です。」と言われました。

大きく育つと根が張っているので抜くのも力が要ります。畝間は、田車や管理機で除草できますが、株元や株間は手で抜くしかありません。

マルチシートで覆えば草取りはしなくて済むと言われますが、マルチを張ったり剥がしたり、その後の処理も課題です。

透明のシートで被って、雑草の種を太陽の熱で消滅させるという方法もあるそうですが、雑草以外の微生物も死んでしまわないか、心配です。

なんとか草と共生しながら作物を育てる方法がないか、試行錯誤の日々です。

 


2011年6月12日(日曜日)

田植え体験

カテゴリー: - kasumigaura @ 08時04分52秒

6月7日、11日八郷の「ふたば自給農園」さんと土浦の宍塚の田んぼ塾で田植えを体験しました。

「ふたば自給農園」さんの田んぼは棚田の苗代から苗を取る作業から行ないました。

苗代には、雑草も生えていてそれを取り除きながら片手に持てる位の苗を取って藁で束ねます。藁の結わき方も途中で解けないようにまた直ぐに解ける方法を教えてもらいました。

苗取りは、農家の嫁の仕事で昔は1日分の苗を取らなかったら朝食にありつけないので朝早くから苗取りをしたそうです。

棚田に等間隔に筋を引き、苗を親指と人差し指と中指で摘み中指で1本づつ植えつけていきます。

3列づつ植えて行き、前に進んでいきますが途中で曲がってしまいました。

中腰での作業は疲れますが、カエルとウグイスの声に包まれながら、充実した時間を過ごすことができました。

土浦の宍塚での田植えは、冬の間落ち葉や枯れ草を田んぼに敷き詰めて、竹べらで穴を開け苗を植えつける不耕起栽培という方法です。

奈良で自然農を実践されている川口さんの田んぼを見た事務局のOさんが、生き物が豊富で稲が元気に育っているこの方法を取り入れてみようと始められました。

落ち葉や枯れ草が稲に栄養を与え、雑草も抑えるという一挙両得を実現できるそうです。

確かに雑草が入る隙間もなく、炎天下の草取り作業からは解放されるかもしれません。

田植えの前の代掻きも必要なく、トラクターなど機械費用も軽減できる経済的な農法かもしれません。これで収量がそこそこ行けば、周りの農家の方もマネをするかもしれません。

 

 


2011年5月28日(土曜日)

6月のスケジュール

カテゴリー: - kasumigaura @ 10時25分15秒

梅雨に入りました。じめじめと鬱っとおしい日々ですが、植物にとっては恵みの雨でもあります。この時期は、雑草も急に伸び始めますので早めの除草を心がけたいものです。

6月のスケジュールをご案内します。

6月5日(日)サツマイモの苗植え付け

6月7日(火)ふたば自給農園で田植え

6月11日(土)宍塚で田植え

6月13日(月)小田の畑で作業

6月14日(火)農業学園開講式(土浦市合同庁舎)

6月15日〜17日 小田・玉取の畑作業

6月18日(土)サツマイモの苗植え付け(島の畑)

6月19日(日)宍塚で田植え

6月20日〜24日 上境・島で畑作業

6月25日(土)宍塚で田植え

6月26日(日)宍塚で田植え、午後さなぶり

6月27日〜28日炭焼き(安の森)

6月30日サツマイモ苗植え付け

通常、田植えは5月の連休中か5月中旬に行なわれていますが、今回の田植えは不耕起栽培といって苗を大きく育ててから手植えで行なうため時期が6月になります。本来の稲作に近い方法だそうです。

サツマイモの苗も天候不順で生育が思わしくなく、本来5月末には行なう予定でしたが6月末までずれ込みます。

農に興味のある方、一緒に作業をしてみたいという方、ご連絡お待ちしています。

問い合わせ先〜携帯:080−5414−0769

E-mail:yokappe_tuchuula@vmail.plala.or.jp


100 queries. 0.162 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress